オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
生まれ変わる
ジュエリーをつけた足首

今ちまたでは、新たにジュエリーを買ってお金を使うことより、お手持ちのジュエリーを、お気に入りのデザインにリフォームすることがトレンドになっています。
一昔前に流行ったジュエリーに、腰が高い立爪リングや宝石を留めてある爪が出っ張っているジュエリーがありました。
服や髪の毛に引っかかりやすかったり、そこら辺にぶつけやすく、下手をすると宝石を傷をつけたり破損してしまうこともありました。
そんなこともあり、デザインが気に入らなかったり時代遅れといって、ジュエリーボックスやタンスにしまったままにしている人も見受けられます。
それらのジュエリーを、今流行のデザインにリフォームして蘇らせることができます。
例えば、レール留・フクリン留・彫留などのデザインは、爪のひっかかりが少ないので服に絡む心配もなくなります。
また、六本爪の立爪リングも現在は、腰が低く爪自体が小さいものが好まれています。
デザインにもよりますが、腰が高い立爪はリフォームしなくても、宝石の位置を低くする修理ができます。
その方がコストが安くできるので、デザインが気に入ったジュエリーがある場合、修理は効果的な方法になります。

使わなくなったジュエリー

ジュエリーは使っているうちに汚れが目立ったりして、自分でお手入れができなくなって使わなくなったりすることがあります。壊れてしまったけれども高価なものだから捨てられない、ということもあるでしょう。
そこで、そういう場合は修理やリフォームをしてくれるところに出すことがおすすめです。
そのままの形でサイズ直しやチェーンが切れたのを修理して使う手もありますが、指輪をネックレスなどに形を変えて使いやすいようにする方法もあります。同じ指輪であったり、ネックレスであっても、デザインを自分好みに変えてリフォームをしてもらうことで大切なジュエリーをよみがえらせることもできるのです。
また、デザインを変えるときはサンプルを見ながら選ぶこともできますが、時間をかけて専門のアドバイザーと納得できるまで相談して世界にひとつだけのオリジナルなジュエリーをつくることもできます。お手元にあるジュエリーはできるだけ眠らせておかないで、使いやすいスタイルにしてできるだけ大切に長く使いたいものです。
修理はもちろんのことリフォームをすることで新しい石を使ったり、貴金属を加工し直したりすると金額が高いのではないかという心配もあるでしょう。しかし、相談する時に価格の見積もりや金額についてもアドバイザーが丁寧に聞いてくれるので、予算オーバーの心配がなく安心です。