自転車は車の一つである|色々な会社と比較して加入する火災保険を決めよう

色々な会社と比較して加入する火災保険を決めよう

自転車は車の一つである

補償内容は十分なのか確認

自転車は便利な乗り物なので、子どもから高齢者まで多くの人が利用しています。ただ、便利な一方で自転車事故が多く発生しているので、しっかり保険で備える必要があります。子どもが起こした自転車事故でも、億を超える賠償金が請求されているので、保険に加入しないと生活リスクが増す可能性があります。自転車も道路交通法上は車の一つなので、自転車事故により誰かの命を奪ったり、障害を負わせることになれば、責任を取らなくてはいけません。ただ、自転車保険であれば何でもいいわけではありません。補償内容が不十分で、対象外だったというケースがあるので、よく検討した上で選ぶことが求められます。補償内容が不十分で保険金が支払われないという事態を避けるために、補償内容の確認は怠らないでください。

家族全員のプランを選ぼう

自転車保険は個人でも加入することができますが、家族全員で加入できるプランで加入するようにしましょう。個人だと年間4000円〜5000円はかかってしまうのですが、家族全員のプランだと全員で1万円ちょっとくらいに抑えられます。子供の分だけ加入する方がいますが、大人にも自転車事故のリスクがあるので、家族全員が補償してもらえるプランを選びましょう。また、火災保険や自動車保険の特約で付けられる場合もあるので、その選択肢も良いと考えられます。しかし、自転車保険だけの場合よりも補償が足りないことがあるので、よく考えずに加入するのはやめてください。あくまでも十分な補償になっていることが前提に必要になければいけません。